2008 年 9月

汚染米、メラミン入り牛乳、などなど

食の安全が脅かされています。これだけいろいろ出てくるとさすがに次はわが身か、と怖くなります。中国の3大牛乳メーカーが、すべてメラミンを混入していたという話を聞くと本当に何を信用していいかわからなくなります。

食品のトレーサビリティをしっかり管理しなければならないのは確かにそうなのですが、ここで考えなければならないことは、そもそも食料の多くを海外に依存しているということです。いつのまにか、日本は先進国の中で最低の食料自給率になってしまいました。

自分たちの食べる食料を自分たちでコントロールできない、ということは大変な問題です。安ければいいのか、便利ならいいのか。そろそろここら辺で根本的な見直しが必要なのではないでしょうか。

経営者のモラル

最近ある経営者にお会いしました。
業種は石油販売業。ガソリンスタンドや自動車整備業を行っている会社です。

自動車整備のための部品を仕入れるのですが、メーカー直営の卸しからは仕入れず、地元の部品卸会社から仕入れるそうです。メーカー直営の部品会社から仕入れた方が当然安いのに、と思い、その理由を聞くと、「地域全体が落ち込んで自分の会社だけ生き残ることなんてあり得ない。だから多少価格が高くても地元の会社から仕入れるようにしている。」とのことでした。

単に地域のしがらみで地元の会社と付き合っているわけではなく、地域経済全体を考えて経営している姿勢がすごいと思いました。

最近マスコミを騒がしている「汚染米」を平気で売る会社と比べて、なんとモラルが高いことか!
話をしていて大変気持ちのいい方でした。

物事を客観的に見る

福田首相の発言が話題になっていますが、周囲の状況はもちろん、自社のこと、自分のことを客観的にみることは大切です。企業にお邪魔してまず第一にお願いすることは、自社の強み、弱みを客観的に把握しましょう、ということです。そのためにSWOT分析から始めるようにいつもお話します。

しかし、「客観的にみること」がなぜ大切なのか、というと、客観的に把握しただけで終わらず、対象(会社だったり、自分だったり、地域だったり)に能動的に働きかけ、対象を変革していくからだ、と思うんです。問題は変革すること、自らがそれに挑戦すること、だと思います。

客観的に把握できてもそこから逃げ出したんではねぇ、、、

「儲かる会社のためのIT経営」 於:栃木県産業振興センター

例年の通り、11月にITCとちぎ企画のセミナーが開催されます。

「儲かる会社のためのIT経営」 (353KB)

今年もバランス・スコアカードの講義と演習を中心とした内容で、その分野での第一人者である吉川先生の入門講義から始まり、架空の会社を例にとって、グループでの演習を行います。

2日目の午後は、東京から堀越精機の社長を招いて、IT経営の実践経験を語って頂きます。最後に「インターネットビジネス」のテーマを僕が担当し、まとめとします。

低価格で質の高いセミナーが受講できるので、ぜひご参加下さい。申込みは、上のPDFをダウンロード、印刷して必要事項を記入し、産業振興センターまでFAXして下さい。

「インターネットビジネスとセキュリティ」 於:宇都宮商工会議所

宇都宮商工会議所で「インターネットビジネスとセキュリティ」というテーマで講演しました。

対象が県内商工会議所の経営指導員の方々だったので、一般の方は参加できなかったのですが、全県の商工会議所から50人ほどが参加され、2時間の講義を熱心に聞いてくれました。

その講義に使った資料からの抜粋です。

「インターネットビジネスとセキュリティ」 (836KB)

参加された方々は30代から60代と年齢が高かったせいか、mixiに参加されている方は2,3人、アマゾンを日常的に使っている方もほとんどいない、という状況で、インターネットについてのリテラシーはイマイチという感じでした。

商工会議所の会員企業のような比較的小規模な事業者でも、これからの経営を考える時「IT経営」の観点は必須であり、インターネットはその中でも重要なウェイトを占めるものですから、年齢の高い方であっても経営に関わる方、あるいは支援・指導する方々はぜひ自分で触ってみる、使ってみることをお勧めしたいと思います。

ジョギングで死亡率が半減する!

アメリカのスタンフォード大学の長期調査で、ジョギングの健康に対する効果がわかったそうです。

50歳以上で20年間ジョギングを続けている人は、運動の習慣がない人に比べて死亡率が半分以下になったという結果です。 1984年時点で50歳以上の人たち1000人近くに対して追跡調査をしたところ、ジョギングの時間は当時は週に4時間程度、20年後には1時間余りに減ったそうですが、それでも運動習慣のない人に比べるとさまざまな障害の出始めが遅く、記憶や学習能力も相対的に良いとの結果でした。

考えてみると、僕も40年近くジョギングを続けていますが、おかげで体型は20代とほとんど同じ、体脂肪も7~8%くらいで維持しています。「80歳でフルマラソン!」 というのが夢ですが、問題は足や股関節の故障ですね。最近はちょっと走りこむとすぐにひざや股関節の痛みが出て、なかなか走行距離が伸びません。でもジョギングは自分の生活と気力の基盤なので、これからも地道に続けるつもりです。

今年は、11月3日に行われる地元、那須塩原市のハーフマラソンに申し込んでいますが、故障せずにトレーニングできるかどうか、やや不安。。。

福田総理の辞任

突然の福田総理の辞任表明を聞いて、あ然としました。

記者会見での記者とのやり取りを聞いても理由らしいことは明確に言わず、要するに「自分がそう判断したんだ」というだけ。国民に理解を得ようという姿勢は全く見られません。あげくの果てに質問する記者に対して「私は自分を客観的に見ることができるんだ。あなたとは違う!」 という逆ギレのような言葉を浴びせて「さようなら」でした。

福田政権の政策のよしあしは別としても、無責任極まりない行動だと思います。