2009 年 1月

干し柿

僕の田舎は長野県の飯田市で、干し柿(市田柿)が有名です。

子供のころは秋になると庭の柿の実を取って皮をむき、紐にくくりつけて2階の軒先につるしたものです。まるですだれのように軒から下がっていました。

正月には真っ白に粉を吹き、甘いものが少ない時代には貴重なお菓子でした。今でも自宅で作っているところもあるようで、中学時代の同級生が送ってくれました。
Tちゃん、ありがとう!

hoshigaki1.jpg  hoshigaki2.jpg

クラウドコンピューティング

昨年あたりから「クラウドコンピューティング」という言葉が盛んに言われるようになりました。

「クラウド」は “cloud” で、「雲」のこと。この「雲」はインターネットのことです。もともとはGoogleのCEOであるエリック・シュミットが提唱した言葉です。

雲=インターネット上にハードウェアやソフトウェア(データやアプリケーションプログラム)が存在し、利用者はそれがどこにあるかを意識することなく、インターネットに接続したパソコンと、そのパソコンで動いているブラウザさえあれば、サービスが利用できる、というコンピュータシステムのことを表現しています。

以前からあるASP、最近騒がれているSaaSなどもこれに入りますし、多数のコンピュータをインターネットで接続し、1台の仮想コンピュータとして仕様する「グリッドコンピューティング」もこの範疇の話になります。開発環境、ミドルウェア、データベース、ファイルシステム、アプリケーション、ハードウェアなど、プラットフォームも含めて(どこにそれが存在するかという物理的な場所はわからないけど)ブラウザ経由で使えるサービスとして提供されるようになってきています。

クラウドコンピューティングが台頭してきた背景には、ブロードバンドの普及、Webアプリケーションの進歩、ハードウェアの高性能化、仮想化技術の進歩などの技術面の進展が大きいでしょう。また個人情報保護法、J-SOX法の施行などによるセキュリティ意識の高まりの中で、セキュリティ強化のためには信頼できる専門家(IT運用事業者)に預けた方がよい、という認識が広まってきたこともあります。

90年代のダウンサイジングやクライアント・サーバシステムに続くこの流れは、今後少なくとも5年、10年は続く流れだと思います。経営の中でIT活用を考える場合、この方向性はしっかり意識しないといけないえdしょう。
ただ現実にはまだ多くが概念の段階にとどまっていて、Sales-forceやAmazon EC2などの一部の大規模なシステムが話題になっている段階ですし、従来からあるASPも成功しているのはごく少数です。経済産業省が力を入れてきている「J-Saas」の取組みも今年度末を目指して共通プラットフォームを開発している段階で、共通プラットフォームができてから実際にどんな形でどんなサービスがその上で提供されるようになるのか、は不透明な段階です。

中小企業にとって注意しなければならないのは、結局は自社の経営革新、業務改善にとって、どこにどういうシステムを入れれば適切なのか、という根本的な問題を自社で考えなくてはいけないことは相変わらず前提の課題としてあり、その際の選択肢が少し増える、ということだと思います。

新しそうな話に目を奪われることなく、また新たな選択肢についても見逃すことなく、冷静に自社の足元を見ることが求められているのだと思います。

情報処理技術者試験の大幅改定

今年から情報処理技術者試験が大幅に変わります。

新たに、一般の「職業人」向けの資格として「ITパスポート」という区分ができます。これまでの「システムアドミニストレーター」は、初級も上級もなくなりました。

その上のレベルとして「基本情報処理技術者」「応用情報技術者」が設定されています。ここからは専門家としての試験区分になります。

さらにその上に、高度な技術者向けとして9区分が設定されています。

試験要綱

今回の改訂はITスキルスタンダード(ITSS)の普及に伴い、それとの整合性を明確にしたことが一番大きいでしょう。また一般のユーザーとして必要な知識が「ITパスポート」として整理されたのも意味があると思います。

「ITパスポート」のレベルはそんなに低くはなく、ある程度体系的に勉強しないと取得できないような感じですね。でも中小企業の中でIT活用の中心となっている方や支援機関の方々はぜひ挑戦してほしいです。
因みに第1回のITパスポート試験は今年の4月に実施されます。

ITパスポート試験サンプル

初詣

今年も茨城県との県境にある鷲子山上神社に初詣に行ってきました。

3年間「目標」を体内に納めていたフクロウのお守りを奉納し、新たなフクロウをTVの上におきました。

fukurou.jpg

中に今年の目標を2つ(ビジネス、健康)書いて納めてあります。目標達成できたら来年の正月に奉納します。