2009 年 5月

塩原温泉・妙雲寺 ぼたん祭り

塩原温泉の妙雲寺には、2000株を超えるぼたんが植えられていて、ちょうど今が盛りです。

5月末まで、ぼたん祭りが行われています。

botan004.jpg botan02.jpg  botan03.jpg  botan04.jpg  botan001.jpg  botan002.jpg botan003.jpg    botan005.jpg  botan05.jpg  botan06.jpg  botan07.jpg  botan08.jpg botan09.jpg botan10.jpg botan006.jpg  botan007.jpg  botan008.jpg  botan009.jpg botan010.jpg botan12.jpg botan13.jpg  botan14.jpg  botan011.jpg  botan012.jpg  botan013.jpg  botan014.jpg  botan015.jpg  botan016.jpg  botan16.jpg  botan18.jpg  botan19.jpg  botan20.jpg  botan21.jpg  botan22.jpg  botan020.jpg  botan022.jpg  botan021.jpg  botan024.jpg  botan026.jpg  botan028.jpg  botan029.jpg  botan032.jpg botan031.jpg  botan030.jpg

平安時代の末、壇ノ浦の戦いに敗れた平家の一門は、全国各地に落ちのびました。平重盛の妹、妙雲尼は、塩原に草庵を結び、それが妙雲寺の起こりだそうです。
壇ノ浦の戦いは、元暦2年/寿永4年3月24日(1185年4月25日)、つまり、800年以上前のことです。塩原温泉の歴史は長いんですね。

不況こそ成長の好機-IT経営

「100年に1度」と言われるような厳しい不況の中で、中小企業ではギリギリの努力が続けられています。栃木県は自動車や電機関係の中小製造業も多く、今年に入ってからは50%減、90%減という話があちこちから聞かれます。

こういう時期に中小企業はどうするか。もちろん生き残るための最低限の資金確保は必須なのですが、その上で次を考える、いずれ来るであろう景気回復後の自社のビジョンを見据える、このことが次の段階での差になるのだと思います。

最近の「日経ビジネスマネジメント」に掲載されたロンドン大学経営大学院教授のドナルド・サル氏の論文では、困難な時にこそ飛躍のチャンスをつかめる!という立場で、「不況が好機に転じる7つの要因」を挙げています。

<外的要因>
1.ライバルが市場から撤退する
2.優良企業を安値で買収できる
3.固定資産を安価で取得できる

<内的要因>
4.過去のしがらみと決別できる
5.外部環境の悪化が困難な決断を可能にする
6.組織内に危機感が醸成される
7.長期的な視野に立って行動できる

「不況こそ成長の好機」 (151KB)

この議論の前提として興味深いのは、確かに今回の不況は100年に1度と言われるような大規模なものではあるが、これまでにも今回以上の厳しい不況を経験している業界があり、その経験の中から上記の「7つの要因」を導き出していることで、単なる精神論や机上論ではない、ということです。

実際、バブルがはじけたころの不動産業界、2001年のIT不況のころのIT業界、米同時多発テロ後の航空業界など、その業界にとっては今回の不況以上の厳しさもあったのではないかと思います。

今回は急激に落ち込んだだけに、回復し始めるタイミングも案外早いのではないかという気がしますが、一方で元と同じようなレベルに回復はしないだろう、というのが大方の見方です。下請けの立場にいる多くの中小企業にとっては、厳しい選別が始まる序章なのかもしれません。

それだけに当面の逆風を首を縮めてやり過ごすだけではなく、遠くを見据えて前進するための手立てを考えておかなければならないでしょう。