2009 年 8月

民主党政権が実現する

総選挙の結果が出つつあります。
民主党の圧勝、それも3分の2に届きそうなくらいです。民主党政権ができるのは確実でしょう。
やはり、自民党政権に対する国民の怒りはとても深かった、ということですね。

ただ、民主党になったからといって、単純に世の中がよくなるわけでもなく、中小企業のおかれている状況がよくなるわけでもありません。地域格差、大企業優先の世の中の仕組みというのはとても根深いもので、適切な政策が実行されたとしても何年もかかることです。ましてや民主党の政策がそれほど素晴らしいものとも思えず、企業献金で生きている点では自民党と変わらない政党です。

それでも、戦後初という本格的な政権交代は、日本国民としてとても貴重な政治経験になりました。一人一人の一票が政治を変えることができる! この経験を忘れないように、新しい政権を監視していきたいものです。

PCの買い換えに悩んでいる方へ

Vistaとか、Windows 7 とか、グーグルのOSとか、いろんなケースが考えられる昨今。そろそろPCを買い換えたいと思っている方も、どうしたらいいか判断が難しいでしょう。

厳密に言えば、目的や自分の資金情況などによって異なる結論が出るのでしょうが、個人レベル、あるいはそれに近いレベルで使っていて、しかも仕事に使う目的、ということで考えると以下のような選択が考えられます。

・XPが使える
ネットブックを除くと基本的にはVistaになっていますが、XPにダウングレードできるマシンも売っています。仕事上はXPで十分ですし、2014年まではサポートされるOSですから、今買ってもXPのままで4~5年は使えることになります。

・Vistaの使用権もついている
XPへのダウングレードができるマシンでもVistaの権利が付いているのではないかと思います。しばらく使ってからやはりVistaにしよう、と思ったときに、追加のお金がかからずVistaにアップできるものを選びたいです。

・メモリは2GB以上
XPなら1GBでも大丈夫ですが、Vistaあるいは7を考えると少なくとも2GBは欲しいですね。僕が今使っているノートPCは、XPですがメモリは2GBにしてあります。最近は最初から4GBで販売しているマシンもあるようです。できればそのくらいにしておきたいところです。

・ネットブックとディスプレイとのセットで購入
19型くらいのディスプレイ(1万円台で売られているものもある)を自宅の机の上に置いて、それにネットブックを接続して使う方法もあります。そうすると外に出かけるときに持ち歩きに便利です。ただ、CDやDVDを使えるように、USB接続の外付けドライブを用意した方がいいでしょう。因みにネットブックはXPが主流です。

・オフィスソフトは互換性のある安いあるいは無料の製品を使う
Office2007がインストールされていないマシンを買いましょう。自分で購入したOffice2002とか2003があればそれを新しいマシンにインストールする方法もありますし、無料で互換性のあるOpenOffice.org とか、キングソフト(5000円程度)を購入してインストールすれば、ほとんど問題なく使えます。EXCELやWORDなどを高いお金を出して買わなくても済みます。僕のノートPCではキングソフト10をダウンロードして使っていますが、問題なく使えています。

以上、こんな感じで選んだらどうでしょうか。

これからはITがコモディティ化(日用品化)する時代です。グーグルなど、無償の高機能ソフトが次々に提供されています。誰もが使うITはできるだけ安く手に入れて使った方が有効です。浮いたお金は自社の強みを生かすために使いましょう。

XP? Vista? Windows 7?

Windows 7は今年の10月22日に発売されます。当初は米国内での発売日だったのですが、日本でも同時発売です。時差の関係で日本国内での発売の方が実際には早くなるようです。

Vistaが発売された当初から、いつVistaにアップしたらいいのか、という議論が続いています。ビジネス的にはVistaにするメリットがあまりないからです。マイクロソフトもあまりにもVistaの売れ行きが悪いので早めに次を出すことにしてしまいました。

こうなると、現時点で買い換える場合、Vistaにするという選択肢はほとんどないでしょう。XP自体も2014年までサポートされることがマイクロソフトから公式に発表されていますし、今、XPへのダウングレードマシンを買えば、そのマシンでのXPの使用権も買っているわけですから、少なくとも2014年までは問題なく使えるはずです。もしかするとそれも延長されるかもしれません。

どうしでも新しいOSにしたいのなら、もう少し我慢して来年の春くらいにWindows 7 にする、という手もあります。

ただ、一方でGoogleの新しいOS(クローム)の話も出てきていて、来年の秋には発売されるようです。このOSは数秒で立ち上がる大変軽いもので、価格は無償です。そうなると今までにない選択肢が生まれるわけで、そういう状況も考慮に入れておいた方がいいかもしれません。

因みに僕はデスクトップ、ノート、ネットブックの3台を持っていますが、いずれもXPで、オフィスソフトも2002を使っています。普段持ち歩いているノートPCにはキングソフトのオフィスソフトが入っていて、WORDやEXCELなどとの互換性もほぼ問題ありません。(このソフトは、ワープロ、表計算、プレゼンの3つが入っていて5000円程度です)

PCの世界を長く支配してきたマイクロソフトも、そろそろ競合に場所を譲らざるを得なくなっているのかもしれません。