2010 年 5月

クラウドの潮目が変わってきた

先日の日経新聞に「パナソニックが「クラウドコンピューティングを生産管理に導入」という記事が出ていました。

クラウドというと、従来はセールスフォースに代表されるようにCRMや販売管理系が多かったのですが、最近生産管理や基幹システムへの適用が始まってきてます。当然の成り行きといえばそれまでですが、やはり、という感じです。

もともとクラウドというのは、ハードやOSなどのプラットホーム、その上で動くアプリケーションをインターネット上で動かすことによって、システム運用の手間を省き、運用経費を削減し、さらにどこでもシステムにアクセスできることによるメリットを享受する、ということでしたから、インターネットの高速回線が普及し、モバイルも高速になり、かつシステム面でのセキュリティが確保されるようになれば、当然クラウドを使う方向に動いていきます。

自社でサーバ等を管理するより、しっかりした専門業者に任せる方が、安くて安心なのは当然で、大企業でも中小企業でもこれからどんどんそちらにシフトしていくでしょう。特に資金や人材の乏しい中小企業にとって、これまでにない絶好のチャンスと言えます。一昔前までは考えられなかったような安価な投資で、大企業と同様の環境が手に入れられ、自社のツールとして使うことができるようになるからです。

ただ、肝心なのは使う側の意識とレベルで、いいツールや環境が手に入れられるからそれでOKとしたのでは何も変わりません。自社の「ツール」として使うための徹底した検討と社内業務プロセスの改革が必須です。そこができるかどうかで大きな差がつく時代だと思います。