2010 年 8月

Windows 7 を使い始めました

Vistaがどうもイマイチで、ずっとXPのままでいましたが、ノートブックPCだけをWindows 7 Home Premium にアップしてみました。
(仕事上、デスクトップマシンは、まだしばらくXPのままにしておくつもりです)

ほぼ問題なく、快適に動作しています。

Vistaの評判があまりにも悪く、Microsoftとして初めて顧客の声を真剣に集めて作ったOSだけに、XPと比べて特に遅いという感じはしませんし、見た目も美しくてまあまあ満足です。

2,3年前のマシンにUpgradeしたので、いくつかのドライバの不具合がありますが、Windows 7 がプリインストールされているマシンならこういう問題は出ないでしょう。ただ、メモリは4GBにした方がいいと思います。

Windows 7 が出てから、ネットブックの売れ行きが落ち、Vistaへの乗換えを控えていたユーザーの乗せ換えが始まっているようです。そろそろXPから移行してもいい時期になってきたようです。ノートブックも価格がかなり安くなり(10万円前後でまあまあのマシンが買えます)、バッテリーの寿命も少し長くなっているようですから、様子見の方にとっては今年か来年あたりが買い時かもしれません。

大田原商工会議所の創業塾で講師を務めます

8月31日から大田原商工会議所の主催で創業塾が始まります。

8回のうち5回目に「ITを創業に活かそう」ということで講師を依頼されました。

経営にITをどう使うか、という点ではITコーディネータが提唱しているIT経営の立場そのものですが、創業という時期にどういう考え方をすべきかを説明しようと思います。

地方で起業しようと思う場合は、まず資金が少ない、人材もいない、まずは自分ひとりで始めよう、というケースが多いと思われるので、そういう条件の中でもできること、役立つツールの紹介などを考えています。

「創業塾」といっても、定員内ならすでに事業を始めている方でも参加可能ですから、ぜひ多くの方に参加していただきたいと思います。

創業塾の内容と申込書を掲載します。FAX又はメールで申し込みできます。

創業塾 in 大田原(PDF 957KB)