2010 年 10月

農産物マーケティング研修会の講師を務めました

一昨日、塩谷南那須農業振興事務所の企画で「農産物マーケティング研修会」が行われ、講師を務めました。

テーマは、

「儲かる農業のためのIT経営  ~今日からできる農産物の生産・販売のポイント」

ということで、

1.SWOT分析から戦略マップ

2.マーケティングの観点

3.業務プロセスの展開と改善、改革

4.インターネットの活用

について、概略的にお話をさせていただきました。

2008年から09年にかけて、とちぎ農産物マーケティング協会のサイトリニューアルの支援をしたことがあり、その際、県下のJAのほとんどをヒアリングして回りました。それ以来の農業とのご縁で今回のセミナー講師を依頼されたものです。

当日は40人あまりの方々が参加されました。
農業者の方々を対象にセミナー講師を務めるのは初めてで、どう受け止められるのか、どんな意識でこられるのか、期待と不安の入り混じる気持ちでしたが、認定農業者の方々が多く参加され、真剣に話を聞いて頂きました。終わってからの感想も概ねよかったようで一安心です。

時間的には1時間半の講演ということで、あまり深くは話ができなかったのが少し心残りですが、また次の機会に突っ込んでできれば、と思います。本当は個別に対応しないと十分にはできないことなので、セミナーとしてはやむを得ないところでしょうか。

農業の世界でもマーケティングが言われ、市場を意識する経営が求められつつあるようです。農業は中小企業とはまた別の困難さの中にあり、その危機感はより強いのかもしれません。農業経営に対してもITコーディネータとして支援していけるようにしたいものです。

圧縮・解凍ソフト Lhaplus を使っている方は注意!

圧縮・解凍ソフトの Lhaplus を使っている方、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)セキュリティセンターから脆弱性(ウィルスなどからの攻撃に対しての弱点)が公表されました。

バージョン1.57以下(1.57を含む)を使っている方はすぐに対応する必要があります。

既存のソフトをアンインストールして入れ替える方法と、既存のソフトをアップデートする方法(ただし、バージョンが 1.50 以降の場合)がありますが、いずれも難しくはないので下記の案内にしたがって対応しましょう。
Lhaplus における DLL 読み込みに関する脆弱性
対応方法

宇都宮美術館~「ロトチェンコ+ステパーノワ―ロシア構成主義のまなざし」展

宇都宮美術館で開催されている「ロトチェンコ+ステパーノワ―ロシア構成主義のまなざし」展を観てきました。

tichet.jpg

丸や三角、四角などの単純な図形の組み合わせなのに、とても豊かなイメージを湧かせてくれるデザインでした。
余分なものを極限まで削り落として、最小限の要素に絞り込んだシンプルなデザインは、文章で言えばさしずめ俳句のようなものでしょうか。色彩も最小限に抑えられ、単純でインパクトのあるものでした。

1920年代から40年代のデザインでしたが、今見てもまったく古さを感じさせない新鮮なデザインでした。

oshaburi.jpg  yoihon.jpg hikouki.jpg

因みに、宇都宮美術館は街中にあるとは思えないほど緑が豊かで、まるで大きな森の中にいるような感じにさせてくれます。休日なのに結構空いていてゆっくり観るにはいいんですが、もっと多くの人に親しんでもらいたい美術館です。