2010 年 12月

「公認システム監査人」の資格を取得しました!

今年の春から取り組んでいた「公認システム監査人」の資格が取得できました。

日本システム監査人協会

ITコーディネータの資格があるので割合簡単にとれるのではないかと思っていましたが、思ったより大変でした。年齢的なこともありますが、公認システム監査人資格を高いレベルで維持するために、取得のためのチェックが厳しく行われていることを実感しました。

そもそも公認システム監査人資格を取得しようと思ったのは、ITコーディネータの活動との密接な接点があると思ったからです。

ITコーディネータは経営戦略からIT戦略、さらにはシステム導入から運用までの全体を支援する仕事ですが、資格の名称に「IT」が入っているため、まず「ITの専門家」という認識を持たれることが多くなります。そのため、顧客企業に訪問して最初に相談されるのは自社システムの評価やITの有効活用に関することであり、その際に自分の経験の範囲だけではなく、公に認められた基準でできるだけ正確に評価したい、と思うようになりました。

また、監査によって明らかになった問題点をフォローするのはまさにITコーディネータの仕事と重なってきます。

栃木県内で公認システム監査人として業務を展開されている方はいないようで、おそらく僕一人だけになりそうですが、ITコーディネータと併せて中小企業のIT経営の推進のために頑張っていきたいと思います。