2006.8.10 不思議な人たち・・・

2006年08月10日 00:39

先日流れるプールの吸水口の事故がありましたが、普通のプールでも吸水口に吸い込まれた死亡事故が以前から何件も起きていたようです。
検証によると、15~20cmの吸水口から吸い込む力は200kgにもなるそうで、大人が2,3人でも引っ張り出すのは難しいでしょう。
ひざあたりがはまってしまうと、水中に長時間沈んでしまうことになり、当然死に至ります。

90年代からそれらの事故が起きるたびに、文部(科学)省から何度も通達が出て、各県の教育委員会などに注意を促していたようですが、不思議なのは何度も同じような通達を出している文部(科学)省側は、通達どおり現場が改善されていないのをどう思っていたのでしょうか?
そもそも現場の状況を改善させるために通達するのですから、「通達を出したから仕事は終わり」では意味がないでしょう。担当部局の人たちはそういう矛盾を感じなかったのでしょうか?
僕らのような一般庶民の感覚からすると、とても不思議な人たちです。

もっともそういう「不思議な人たち」を作り出している組織文化こそが問題の本質なのでしょう。

4 件のコメントがあります

  1. oxycodone さんからのコメント:

    oxycodone…

    news (more…)

  2. soma san diego さんからのコメント:

    soma san diego…

    news (more…)

  3. lindykirsc さんからのコメント:

    vectors decline fuels small major bush

  4. jmjRPRi さんからのコメント:

    Hi! AQIqFO

コメントをどうぞ