必要な道路工事

近くの道路で拡張工事が行われていました。

kouji1.jpg

片道1車線の歩道のない道路で、車の往来も多いので、片道2車線にでも広げるのだろうか、と思って走っていったら、その先に一部工事が完成している部分がありました。

kouji2.jpg

車線の拡張ではなく、歩道、それも3~4mの十分広い歩道を付ける工事でした。

田舎では、このような道路はたくさんあります。最近は抜け道として使われる道路も多く、どこでもきれいに舗装されているために車にとっては便利になっていますが、車を持っていない人たちや運転できない人たちはとても怖い思いをして、道の端をこわごわ通行しています。

電動車椅子で移動している老人を見かけることもあり、車を運転している側からもとても怖い状態があります。誰しも年をとるし、自分がああなったら本当に暮らしにくいでしょう。

このように十分な幅のある通行しやすくて安全な歩道がもっとたくさん、もっと早く作られるべき、と思いました。

高速道路などの高規格道路をすべて否定するつもりはないですが、地方の道路を年寄りでも暮らしやすい道に変えていく道路工事は、地元の小規模な業者もうるおすはずです。政権交代が行われたこの機会に、ぜひ道路に関するるお金の使い方を変えてほしいものです。

2 件のコメントがあります

  1. 中野夕子 さんからのコメント:

    突然お邪魔を致しました。mixiに足跡を頂戴し、覗かせて頂いています。

    政治の事、私も同感でこれからの民主党にとっても期待しています。
    同じ考えをお持ちの貴方様に嬉しくなり、コメントを残させていただきます。
    有難うございます。

  2. ITC福沢 さんからのコメント:

    コメント、ありがとうございます。

    政治の変革に国民の多くが期待していて、一方で最近の民主党の動きにはやや期待はずれもあって。。。

    簡単に変わらないのは承知していますが、「骨」の部分では揺るがないようにしてもらいたいものです。

    試金石は、普天間基地がどうなるか、だと思っています。しっかり見守っていきたいと思っています。

コメントをどうぞ